2008.04.13 Sunday 22:14

モン・サン・ミッシェル

天空の城、前回はロングのショット1枚きりで欲求不満の方も数多くおられたことと思います。
そんな訳で今回は日頃のご愛顧(?)に感謝して、特別にスライドショーを用意しましたので最後までご覧ください。

今回の「男三人、色気は無いけど金も無い、
    どこまでも突っ走るぞ弾丸ツアー」


その名の通り朝8時にMainのほとりを出発し、途中「小便小僧」クンを見てガッカリしつつも2時間交代で車を運転してひたすら走ること1,000km、夜の8時にモン・サン・ミッシェルに到着しました。
この日は早々に安ホテルを見つけてチェックイン(勿論三人相部屋)し、翌朝に備えました。

前夜のHクンのイビキで寝不足の目をこすりつつも朝8時にホテルを出発。先ずは、ロングで朝日を浴びるモン・サン・ミッシェルの全景を狙います。



最初の城壁にある前哨門をくぐり島の内部に入ると、直ぐにホテルやレストランが軒を連ねる小路に行き当たります。

「早起きは三文の得」なんて言いますが、ここモン・サン・ミッシェルでは絶対に得をします。



こんなショットもツアー客が大挙して押し掛けて来る前の時間帯ならではです。



お昼近くにはこんな感じで人が溢れてきます・・
上の写真のお店、モン・サン・ミッシェル名物のオムレツで有名だそうですが、色気も金もない我々はその天文学的値段を見て早々にパスしました。

さて、9時の開門と同時に修道院へなだれ込んだ男三人、とにかく人が居ない間に写真を撮りまくろうと回廊を目指します。



おっと、写真に写っている「なで肩」が特徴の男、一体誰であろうか・・・?

てな訳でバチバチと写真を撮った割りには、なかなか良いショットがありませんでした。でも最初のお約束通り、何枚かをスライドショーにしましたので下のリンクを開いてみて下さい。

↓ ↓ ↓

がっかりするかもしれないけど、見てみる!

如何でしたでしょうか、モン・サン・ミッシェル?
多少はその素晴らしさを味わって頂けたでしょうか?

因みに今回のツアー、食事代を除いて一人150ユーロ也でした。
帰ってからのお尻の痛みが玉に瑕でしたが・・・トホホ。

Comment:
2008/04/13 11:21 PM, パリジェンヌ wrote:
やっほードリアンさん

スライドショーおもいっきり素敵ですよ。
モンサンミッシェルに又行ってみようかな、、という気にさせられますもの。

ところで前回早々に行き先をばらしてしまって、ドリアンさんの思わせぶりプログの邪魔したかと、反省してますのよ。スミマセンでした。

ところで、天文学的値段のオムレツとは、観光客相手にぼったくりやってるようですね。

20年前に、まったく面識のない日本人夫婦のフランス旅行のアテンドおしつけられた時、このオムレツ食べたのですが、なかから出てくるのは泡ばかりで美味しくないと文句いわれた覚えがあります。

作るところ見るのはおもしろいんですが、食事はできれば違うものをチョイスするほうが無難です。

次回のフランス旅行は、サンマロかなあ、、でもお尻の方がますます痛くなりそうですね。(笑)




2008/04/14 3:21 AM, phary wrote:
すごーい、ドリアンさん、スライドショウステキですよ。
バートさんのモン・サン・ミシェル旅行記とはまた違った趣向で面白かったです。
天文学的数字のお値段のオムレツって、、、、、確かバートさんたちはお食べになっていましたよね。
なで肩の彼は、、、、おつむの様子からするとドリアンさんではありませんね。
2008/04/14 4:31 AM, パリジェンヌ wrote:
上のpharyさんのコメント拝見すると、ドリアンさんはかなり特徴のあるおつむの持ち主の様子。(遠目で解るぐらい)

その上、お尻もいたーいと伺うと、、毎度って言う代わりに、お井戸って挨拶したくなる人なのかも???


2008/04/15 5:47 AM, glueck wrote:
スライドショー見たいけど、フリーズして
なかなかコメ書き込みできないので、見ていません・・。
ノルマンディー行ってイギリス上陸か、
大西洋を見に行かれたかと思いましたが、
憧れのモンサンミッシェルでしたか。
うーん、弾丸ツアーに参加するのも良かったな〜。
2008/04/15 11:52 AM, kiki wrote:
スライドショー、私もナイスだと思いましたよ!!素晴らしさ実感です。がっかりするどころか、次々と出て来るきれいな写真に“私もいつか行ってやるぅー!”と、五木ひろししちゃいましたから。(古っ!)
その時は、Mrも私も天文学的数字の名物オムレツは食べられないだろうと思いますが、生でこの風景を見たいです。

2008/04/19 1:38 AM, ドリアン>パリジェンヌさん wrote:
パリジェンヌさん、
スライドショー、お褒めのお言葉ありがとうございました。
それとこのブログの特徴もご理解頂けたようで、何よりです。(笑)
ホント「究極のボッタクリ」ですね。とてもオムレツの値段とは思えませんから。

私のオツムの特徴、遠目では分からないと思います。
近くに寄れば分かりますが・・(爆)
2008/04/19 1:44 AM, ドリアン>pharyさん wrote:
pharyさん
スライドショー、お褒めのお言葉ありがとうございました。
例のオムレツ「話のタネ」に食べられるのも結構かと思いますが、「日本食レストランで夕食が食べられる位の値段」だと思うと食べる気も失せてしまいます。

私のオツムですか・・・
う〜む、チト誤解されているようですね。
確かにM字ハゲは現在進行中ですが。(笑)
2008/04/19 1:50 AM, ドリアン>glueckさん wrote:
エンジェル、
おおっ〜、スライドショーが見られないとは!
是非頑張って再トライしてほしい。
因みにノルマンディーも帰りに寄ってきたけど、何か物悲しい雰囲気が漂っていたなぁ〜
(映画「プライベート・ライアン」を思い出したのかもしれない)
次回の「弾丸ツアー」には、是非参加してくれ給え!
2008/04/19 1:52 AM, ドリアン>kikiさん wrote:
スライドショー、お褒めのお言葉ありがとうございました。
ナイコンで撮影出来れば、もっと良かったかもしれないのですが・・(笑)
是非、kikiさんの撮影したモン・サン・ミッシェルを拝見したいと思います!
ついでにオムレツの写真も!(爆)
2008/04/19 10:54 PM, glueck wrote:
スライドショー見ることができました。
光の加減がいい雰囲気を醸し出していますね。

話は私の拙Blogへ飛びますが、「塩鯖定食」発言で
FRAへ投石運動が始まりましたのでお気をつけを^^;
2008/04/20 1:58 AM, ドリアン>glueckさん wrote:
エンジェル、
スライドショーが見られて何よりであった!
いやいや、そちらのブログではワシが総スカンを喰らっているようだな〜
まあ口は災いのモト、身から出た錆、仕方が無いことであるが、「塩鯖定食」の他にも「焼鮭定食」やら「鉄火丼定食」なんてのもあることは、ここだけの話にしておこう!(笑)
2008/04/20 6:14 PM, 椿 wrote:
スライドショー見ました!!さっすがドリアンさん!
なんだか写真集を見ているようで、すっごく楽しめました!
私は小学生の時に変な外国人に腕をつかまれ連れて行かれそうになってから、外人が怖くて海外へ行けません(苦笑)でもこの画像見てるだけでも楽しいし、つい行きたくなりました。早起きは結構得しますよね。早起きのおすそ分け、ありがとうございま〜す♪
2008/04/20 10:17 PM, パリジェンヌ wrote:
ドリアンさん、

名物オムレツも昔は昼定食メニューにだけ入ってて、値段はまあまあ取られるレベルだったので、話の種にオムレツ食べる気にもなりましたけどねえ。

有名なプレサレの羊を食べさせる店を、観光スポットからはずれたあたりで探すといいのかもしれないですね。

さてさて、ドリアンさんの和食自慢をみてると、焼きサバに飢えてるドイツの大和撫子軍団にこっそり<焼き魚てんこ盛り定食>を食べさす巴里のお店を教えてあげたくなります。

たらふく食べて、飲んで、お値段は、オムレツ未満ってないいお店をね。
2008/04/28 8:50 AM, - wrote:
管理者の承認待ちコメントです。
2008/04/29 5:20 AM, ドリアン>椿さん wrote:
椿さん、
素人写真にお褒めをあずかり光栄です。
それにしても椿さん、色々とトラウマをお持ちのようですね〜(笑)
って、笑ったりしたらいけませんね。
ウチの長男も何故か外国恐怖症でドイツに来たがりませんが、椿さんには是非お越し頂きたいものです。
老骨に鞭を打ってでも接待させて頂きますヨ!

2008/04/29 5:31 AM, ドリアン>パリジェンヌさん wrote:
パリジェンヌさん、
>有名なプレサレの羊を食べさせる店
う〜む、プレサレの羊ですか〜?
ブルガリの時計とかトルコの羊(ケバブ)とかは良く知っていますが、プレサレの羊は初めて聞きました!(笑)

それにしても、これだけグルメに精通したパリジェンヌさんは一体何者であろうかと、只今ドイツ中の噂になっていますヨ!
これは、是非お会いしてお話をお聞きしたいですネ!
2008/04/29 7:49 AM, パリジェンヌ wrote:
浜塩の草を食べて育つので、肉にも磯の香りがするそうです。
プレ(あらかじめ)サレ(塩味)の羊は、実をいうと私もまだ食べた事ありません。

相当腕のたつ料理人でないと、違いのわかる焼き加減にならないかも、、

魚で例えれば、苔食べてうまくなる鮎みたいなモンじゃないかと想像してます。
フランス生活に年期が入ってるせいで、お星様キラキラキラのレストランで食する機会も何度かありましたけど、単に食べたいものを食べたいときに食べたい(くどい)だけの、食い意地がはってる女です。

値段と味と雰囲気と、サービスがつりあってて、料理人の才能と努力が光ってるお店など大好きなのですが、質を維持できるところが、あまりなくって。。

大和撫子軍団とアジアンB級グルメツアー組んで遊びにいらっしゃいませんか?デザートは、もちろんドリアンミルクセーキで。



Add a comment:









Trackback:
http://am-main.durian-junkbox.net/trackback/872964
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
amazon
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.