2008.03.09 Sunday 07:11

たべるね〜

前回は、件の鬼ボスと二人、オペラ座近くのホテルを出発してルーブル、チェイルリー公園、コンコルド広場へと仲睦まじく片寄せあいながらそぞろ歩きした所まで書きましたね。

そういえば前回「子満垂部」なるコメントをある方(→この方)から頂いて、私の知らない四文字熟語がこの世にあった〜!とショックに打ちひしがれつつ思わず広辞苑を引いてもググっても、どこにも載っていませんでした。ひょっとしてこれは中国語であろうかと、台湾の友人に国際電話をして尋ねても「そんな中国語聞いたことないあるヨ」と一蹴されてしまいました。う〜む、一体どんな意味であろうか・・謎だ〜

さて、コンコルド広場の次はマドレーヌ寺院へと歩を進めました。

引き続き鬼ボスの仕事話の口を封じる為、
「新橋の小川軒、レーズンウィッチも美味しいですけど、マドレーヌも中々なもんですよね〜。そうそう神田精養軒のマドレーヌ、食べたことありませんが、美味しいって評判ですよ〜」(注)
などと無駄口をたたきます。

(注)こち亀のバイクに乗っていない時の本田巡査が両さんに話しかける時の声色で

ところが、私のネタがあまりにつまらなかったのか、時差ボケと歩き疲れの為なのか、鬼ボスから何の反応もありません。

「よしよし、これで飯を食ってる時に説教をされなくて済むぞ、むふふ・・」

と(両さんの声で)北叟笑みつつ
「じゃ〜、そろそろメシにしましょうかね〜」
と(本田巡査の声で)『JXLマップ』を右手に『地Qの歩き方』を左手に夕食にと選んだレストランがここでした。



La Taverne


その名も『ラ・タベルネ』!

シーフードとアルザスワインが売りのお店で、どちらかと言えば観光客=お登りさん御用達(自分達もそうでしたが)の感はありますが、その分気軽に入れるレストランです。

因みに私が若かりし頃、セブンイレブンに入る時は

開いててよかった〜

と必ず店員さんに挨拶をしたものですが、当然このお店でも

「私ぁここで、おフランス料理をたべるね〜

とドアを開けてくれたギャルソンに挨拶したことは申すまでもありません。

で、いつもは『接待メシ』の豪華料理を皆さんに見せびらかしてヒンシュクを買っていますが今回は違います。もちろん『会社経費メシ』でもありません。

今回は、鬼ボスの『自腹メシ』です!

って、結局私としては『ロハメシ』に変わりありませんが、パリの街を私の教養と薀蓄と無駄話に溢れたガイドで散策出来た鬼ボスにとっては、安いモンです。
そこで鬼ボスにゴチになったのが、こんな感じの生牡蠣でした。



因みに写真は以前の記事の使いまわしです。
鬼ボスの奢りで写真をパチパチ撮る訳にもいかないもので、悪しからず・・


鬼ボスの説教も聞かずに頂いた生牡蠣のお味は、とれびあ〜んでした。

プリン体爆弾やらカロリー爆弾を期待された方、申し訳ありませんでした・・
最初の四文字熟語、皆さんはお分かりですよね!?

Comment:
2008/03/09 9:33 AM, パリジェンヌ wrote:
ドリアンさん、はじめまして。どら焼きのレシピを探していたら、カリフォルニアのばーさんプログにぶちあたり、ドリアンさんを発見しました。

さて、四文字熟語ですが、Comment allez vous ?
(どないしてはりますの?)の意味ですね。

ちなみにこちパリでは、下品バージョンがありますが、初回コメントから顰蹙かうので、内容公開は遠慮いたします。
2008/03/10 1:28 AM, バート wrote:
お久しぶりです。
相変わらず豪華な食事してますね〜。
しかし相変わらずの駄洒落オンパレード!
お変わりないようで、安心安心(笑
2008/03/11 7:57 AM, ふろっしゅ wrote:
ドリアンさん、ラ・タベルネのお写真が珍しく(!)すっごくオシャレ! パリって、そういうオシャレな気分にさせてくれる街なんだろうかねぇ〜〜。

そして、牡蠣の写真の使いまわしっ。ぷっ。
2008/03/11 4:51 PM, ユムユム wrote:
ドリアンさん、いつ来ても開店休業状態だったので知らんぷりしてたら何と記事があるじゃないですか!教えてよねっ(笑)
最初の四字熟語さっぱりわかりません。あるの?こんなの。
鬼ボスさんとの楽しいランデブ−、案外面白がってる様子ですね。
今日の日本は春そのものでした。冬ともお別れの時期ですね。
2008/03/11 10:35 PM, ブースケ wrote:
ドリアンさん、お久しぶりでございまするぅ〜!
日本での食い倒れツアーも終わり、無事ドイツに帰って参りましたよぉ〜。

最初の4文字熟語、パリジェンヌさんのコメントを読んでから「はは〜ん、なるほどぉ」でした。さすがにこれはグーグってものってませんな。

鬼ボス反応少なそうですけど、説教なしで食べる牡蠣の味は格別でしたでしょう。
あ〜、広島で食べた牡蠣の味が懐かしいわぁ〜。
2008/03/12 1:25 AM, acho☆ wrote:
先日は優しい(?)コメントありがとうございました。
憎らしいコメントを残しにやってきましたよ。
素敵ならんでぶ〜じゃないですか。
街並みも、お食事も、なんて素敵なんでしょう。
ロハ飯とくりゃあ、もう最高\(^o^)/
羨ましい、羨ましい。

エンジェルさんたちはどなたさんもお○じギャグ好きで・・・(-.-)
私だけは、そっちに行かないように気をつけよう。
2008/03/12 6:47 AM, パリジェンヌ wrote:
ブースケさん、

カタカナ読みにすると、コーモンタレブー。

これをそのまま言ってもフランス人にばっちり通じますから。ま、パリにいらしたときには試してみてください。

あ、それから牡蠣ですが、私はいつも魚屋で、一ダース半牡蠣を買って、家で開けて食べてます。キッリと冷えた辛口白ワイン、ボルドーの白とか、サボワ地方のワインと一緒に楽しんでます。シャルドネも悪くないかな?

ゲラルドという名前の牡蠣が、少し木の実の風味があってなかなか美味しいのです。

あと、伊勢エビのミニチュアみたいな味のラングクチーヌも、さっと三分湯がいてオリーブオイルとゲランドの塩で食べたりします。

このあいだ家で作った、バジリコソースのヒラメのカルパッチオも、なかなかのお味でした。


2008/03/14 6:36 AM, phary wrote:
コマンタレブー、って読むのかな?それともコーモンタレブー?
どちらにしてもおフランス語ですね。昔なんかのギャグで使っていたのですぐ分かりました。
ドリアンさんたら、おさしん使い回しといえども生牡蠣、、、、食べたんでしょ。いいなぁ。生牡蠣なんて、ウゥ、いったい何年食べてないだろう?
そして、ドリアンさんの記事もさることながら、↑のパリジェンヌさん、なんて、なんてステキな食生活なんでしょ。
だんな君が定年退職したら、あったかい南の国に移住したいと思っていましたが、おパリも捨てがたくなりました。あ、でもおフランス語がチンプンカンプンだったわ。
2008/03/16 1:28 AM, 黒砂糖 wrote:
泣く子も黙る鬼ボスに自腹めしを奢らせてしまうなんて、さすがドリアンさん。今年の棒茄子の査定はもう結果がいいも同然じゃないですか(笑
この生牡蠣の写真、例のプリン体爆弾のときの写真ですよね。あれから1年、あっと言う間でしたが懐かしいですね。
息子の学校がやっと決まりまして、4月から東京二人暮らし(住居は別々)です。
2008/03/16 4:43 PM, ドリアン>パリジェンヌさん wrote:
盆重流、パリジェンヌさん、
おお〜っ、なんと麗しいHNでしょうか!
悩める子羊?に救いの手を差し伸べていただき、誠にありがとうございました。
弊ブログ、「どら焼き」のレシピは載せておりませんが、宜しくお願いします。
それと次回は是非、下品バージョンをご教示のほど、お願いしますね!(笑)

2008/03/16 4:54 PM, ドリアン>バートさん wrote:
バートさん、
すっかりご無沙汰しちゃいまして・・
出張で美味いメシを食べる為に、駐在をやっているようなもんですからね・・
まあ、そういう意味では元気してますのでご安心の程。(笑)
2008/03/16 4:59 PM, ドリアン>ふろっしゅさん wrote:
流石は姫っ、
お写真を褒めて頂き、ありがとうございます!
実は・・お店の案内書兼絵葉書をパクったものですワ。
やっぱりプロの撮った写真は違いますネ〜(爆)
2008/03/16 5:08 PM, ドリアン>ユムユムさん wrote:
ユムユムさん、
いつも開店休業状態でゴメンナサイ。
でも月2ペースでは更新していますので、忘れないで下さいね〜!(笑)
四文字熟語、パリジェンヌさんからComment allez vousと教えて頂きましたが、私としてはフランス語で書かれた方がもっと難しいですワ。(爆)
2008/03/16 5:15 PM, ドリアン>ブースケさん wrote:
ブースケさん、
おかえりなさい!
日本での食い倒れツアー、思い切り満喫されたようで何よりです。
てか、あまりに豪華な日本料理の満艦飾でかなり嫉妬しています!(笑)

例のお土産は、無事ゲットできたでしょうか?
2008/03/16 5:27 PM, ドリアン>acho☆クン wrote:
acho☆クン、
おおっ〜、大分元気になったようで何よりだ。
ホント、パリは私にぴったりのお洒落で上品な街であるぞ。
そんな訳で、私の「お○じギャグ」を理解出来るのは大人の女性達なんだわな〜
acho☆クンも頑張って、早く「違いの分かる大人のエンジェル」になってほしい!(爆)
2008/03/16 5:35 PM, ドリアン>パリジェンヌさん wrote:
パリジェンヌさん、
>カタカナ読みにすると、コーモンタレブー
下品バージョン、閃きました!
けど、私には書く勇気がありませ〜ん!(爆)

ところで、Reblochonというチーズご存知ですか?
サボア地方のチーズで私の大好物です。
http://blog.durian-junkbox.net/?eid=463744
2008/03/16 5:44 PM, ドリアン>pharyさん wrote:
pharyさん、
ホント、普段ドイツで貧しい食生活を送っていると、おフランスで食べる料理がどれもこれも「満漢全席」のように思えてきます。
>だんな君が定年退職したら
春・夏・秋はパリで冬は南の国、なんてのはどうでしょうかね?フランス語はダメでもドイツ語が話せればどうにかなるかも!?(爆)
2008/03/16 5:56 PM, ドリアン>黒砂糖さん wrote:
黒砂糖さん、
息子さんの進学、おめでとうございます!
ウチもやれ授業料だ、入学式のスーツだと出費が嵩んでいます。てなことで鬼ボスに胡麻をすって、給料を上げて貰おうと涙ぐましい努力をしています。トホホ。
2008/03/16 8:22 PM, glueck wrote:
あらら、私の発言がネットの世界を検索しまくるほど
麗しの駐在員さんを苦しめていたなんて・・・(笑)。
今頃気が付きましたわ。

ブースケさんが日本で召し上がったような、蟹だったら
ずーっと夕飯の間、お話をする気遣いをする必要も
ないかもしれませんよ。
2008/03/16 9:04 PM, ドリアン>glueckさん wrote:
おおっ〜エンジェル、
言い出しっぺである貴女のコメントがなくて、淋しい思いをしていた所だヨ。
鬼ボスとの食事、アドバイスに従って次回は蟹を所望してみようかな・・

ところで例の四文字熟語、『肛門垂部』と書いてくれれれば一発で分かったのであるが・・
うわっ〜、ついに書いてしまった!(核爆)

2008/03/16 11:51 PM, busuke wrote:
横スレで失礼します。
パリジェンヌさんの食生活、本当に素敵ですね〜。
やっぱりパリだとシーフードの充実した食事が出来ていいですよね。
南ドイツでは、ついつい肉中心の食事になっちゃうので見習いたいところです。

2008/03/17 12:07 AM, 椿 wrote:
あはははは!!私もこの四文字熟語知らないなーと思って調べましたがやはりどこにも乗っておらず、も・もしかして?と、クイズ脳にシフトして考えたら分かりました!!なるほどー私もダジャレ大好きです。特に聞いておきながら突っ込むのが大好きです。やすし突っ込みと三村突っ込みが出来ますが、どちらが良いですか?それか何かご要望があれば練習しておきます(爆)
2008/03/17 8:13 AM, パリジェンヌ wrote:
盆祖和流

下品バージョンの謎解き、いつされるのかドキドキして見守ってましたが、やはりドリアンさんが我慢できなくて暴露されましたね、なーんとなく私のせいでアイドルのドリアンさんの品位が疑われそうで、気になってはおりますが。

おじんギャグ大好きなパリジェンヌをお許しくださいませ。

ローブルションは私も大好きなチーズで、ジャガイモを使ったタルチフレットという料理があります。

薄切りのジャガイモと、タマネギ、ベーコンを油で炒めたんを、白ワインで濡らして、ダブルクリームをたっぷり混ぜてグラタン皿にいれる。その上に横っ腹を2枚にスライスしたローブルションをのせて、160度のオーブンで30分以上焼きます。ワインはサボワの白。

カロリー高めですが、とろっとしたジャガイモとこってりチーズで、幸せになれる家庭料理です。

食材の豊富なフランス暮らし、長いのですが、未だに料理した事の無い、もしくは食べた事の無い食材が多々あります。

肉食の国で臓物もいっぱいあります。

最近のヒットは小鳩の胸肉のソテー、バルサミコ風味。子牛のレバーのようなお味でした。

気になってるのは豚ちゃんのほっぺのお肉。いつか美味しい煮込み料理を作ってやろうと思っています。

この間は魚料理自慢いたしましたが、行きつけの魚屋は、ウニもホタテも殻付きで、たまにはアワビもあります。厚さ5センチのヒラメや、天然の鱸、タイがあればカルパッオ、とれとれの鰯、鯵があればたたき。白子がぎっしり詰まった鰊、サバがあれば塩焼き。

食欲の無い時は、魚ってな塩梅です。

チャイナタウンがあるせいで、ベトナム、カンボジア料理、タイ料理などエスニック料理も豊富です。

ドリアンを挟んだショートケーキや、ドリアンミルクセーキ、ドリアンアイスなど、6月の入荷を待たずとも年中(冷凍ですが)大好物のドリアンを楽しんでいます。

で、ワインも料理にあわせて楽しむと、血糖値が気になりますが、
美味しいものは、美味しく食べれるうちに満喫すべし。

あ、でも私、そんなに太ってないんですよー。
2008/03/18 4:13 PM, ドリアン>椿さん wrote:
椿さん、
私と同じ思考回路をしていらっしゃる!(笑)
それにしてもやすし突っ込みと三村突っ込みの両方出来るとは、素晴らしい!
今度、ウチのお笑い評論家である次男坊に違いを聞いてみよう。てか、流石にやすし突っ込みは知らないだろうな〜(爆)
2008/03/18 4:24 PM, ドリアン>パリジェンヌさん wrote:
パリジェンヌさん、
早くもこのブログの有名人になってしまいましたネ!(笑)
busukeさんおコメントにもある通り、ドイツでは一に豚肉、二に豚肉、三四がなくて五に豚肉みたいな食生活ですから・・
流石はパリ、魚介類も豊富にあって羨ましい限りですが、ウニや鮑まであるとは驚きました。

それにドリアン好きとは、違いの分かる本当のグルメですね〜(爆)
タイに行くとドリアン・チップスにドリアン・キャンディー、果てはドリアン羊羹なんてものまで売っていますが、やっぱりドリアンは生に限りますね。
因みに私はマレーシア産のD24が好みです。
Add a comment:









Trackback:
http://am-main.durian-junkbox.net/trackback/833826
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
amazon
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.