2008.09.30 Tuesday 19:49

Japan Tour 2008 〜 酒池肉林に溺れる

いや〜「光陰矢のごとし」「去るものは日々に疎し」(って、意味が違うか・・)等といいますが、今日は9月も晦日の30日、酷暑の日本でJapan Tour 2008を終えてから早二月が経ってしまいました。


今回のツアー、キッチンに置き忘れたバゲットに黴が生えるように知らぬ間に私の健全なる心身を蝕んでいたようで、ブログでこうやって文章を書いたり、写真を編集したりする気力を全く失わせていました。
(それ以前から「月イチブログ」に成り下がっておりますが・・)

家人からも「本当に生きてるの!?」などとメールを貰う始末で、これではイカンと奮起しつつ、最近は皆さんのブログにもちらほらとお邪魔してリハビリを行なっておりました。
ホント、前回の記事でコメントを頂いた方にはコメレスもせず本当に申し訳ありませんでした。


さて前回、別名酒池肉林ツアーと記したので、
「ドリアンの奴め、一体日本で何を食ってきやがったんだ〜!?」
と皆さん期待半分、嫉妬半分でヤキモキしていたことと思います。

で、ここでいきなり写真なんぞを披露した日には、在外の何名かの方はぶっ倒れてしまうか貧血を起こしてしまうと思いますので、心の準備をなさってから続きを読んでください。
続きを読む >>

2008.08.25 Monday 03:15

怒涛のJapan Tour 2008終了す!

北京オリンピック、終わっちゃいましたね〜

ドイツでは日本選手の活躍をテレビ観戦することも儘なりませんでしたが、卓球の男子団体戦(準決勝)はドイツが相手ということで生中継を見ることが出来ました。
ホント、惜しかった〜!
あと一息で銀メダル(以上)だったのですが、最後はドイツの引き立て役に終わってしまいましたね。でも完全アウェー状態で頑張った日本チームには心から拍手を送りたいです。

さて、皆様には色々とご心配をお掛けしましたが、お陰様で怒涛のJapan Tour 2008も無事終了し、ドイツに戻ってきております。

出発前は、頑張って日本からツアーの様子をアップしようと企んでいたのですが、如何せん連日連夜の飽食とはこの為にあるような豪華宴会に二次会、三次会、それからホテルに帰ってその日の精算、仕事のメール応答と正直ブログどころではありませんでした。トホホ・・

で、皆さんお楽しみの別名「酒池肉林ツアー」の様子ですが、ドイツに戻ってからも色々とあって写真の整理が終わっていません。
早々に(?)アップしたいと思いますので、いつものように気を長〜くして待っていてくださいね。

とりあえず今日は、無事帰国のお知らせまで。

ウチの卓球少年も最近練習に気合が入っているようだけど、
オリンピックを目指すつもりだろうか・・

2008.07.20 Sunday 23:59

ツアコンかっ!? Japan Tour 2008

いや〜すっかりご無沙汰しております。
皆さんには不義理をしまして誠に申し訳ありません。

実は明日21日から来月の5日まで日本へ出張することとなり、日曜出勤の合間に記事を更新しています。
今回の出張、前半は本職(?)のお仕事でイタリアからのお客さんを工場へアテンドするのですが、後半はバカンスで日本に遊びに来るお客さん達のツアコンをする羽目になりました。題してJapan Tour 2008!

個人的にはツアコンよりも合コンであるとかキャバクラなんかが好みなのですが、これも会社命令、黙って旗振り役を仰せ付かりました。トホホ。

メンバーは、ドイツ(日本人も含む)を筆頭にフランス、イタリア、オーストリア、ポーランド、ハンガリーそしておまけにトルコからと8カ国で計21名の大所帯です。

で肝心のツアーの中身はというと、お客さんからのリクエストでまさにてんこ盛りの酒池肉林状態です・・

東京では、浅草で「人形焼」をつまみに「電気ブラン」を飲んだ後、築地で「寿司」をつまみ、夜は銀座で「しゃぶしゃぶ」とお台場の屋形船で酒盛りをし、六本木のクラブ(ディスコ)でフィバーした後は、カラオケで絶唱することが予定に入っています。

他にも鎌倉へ繰り出し、大仏様を拝んだ後は由比ガ浜で「かき氷」をパクついて頭の芯をじんじんさせながら、Tバックのお姐ちゃんの後姿を拝んで二度じんじんするなんてことが既に決まっています。

そしてその後は、「トンネルを抜けると雪国だった」といわれる地方に場所を移して、造酒屋で日本酒の試飲会、宿では温泉に浸かって「誰が一番XXXか?」を和やかなムードの中で競い合った後、大宴会場でお約束の「野球拳」を日欧対抗で戦い、最後は三尺玉の花火を見物して〆るといった具合で、在外の方には涎が止まらない内容なのですが、ツアコンをする本人にとっては、こうやって書いているだけでも疲れてきます。

てな事でこれから旅の準備をしなくてはいけませんので、今日はこの辺で。
次回アップは、日本から!?


といきたい所ですが、はたして日本でどんな災難が私を待ち受けていることやら・・


2008.05.11 Sunday 15:53

うれしいプレゼント

日本で正味4日の「束の間の休日」を過ごして、Mainのほとりに戻ってきました。ドイツ語はいまだにチンプンカンプンですが、体内時計はすっかりドイツ人になったようで時差ボケもなく、いつも通りの駐在員生活に戻っています。

さて前回「日本でうれしい事がありました」と書きましたが、実は
ドリアン’ズ・エンジェルの一員、椿さんからこんなプレゼントを贈っていただきました!



以前、椿さんのブログで手作りのブックカバーを記事にされた時、思わず「オヤジ柄のブックカバーを作って!
などとあつかましくもリクエストした所、なんと快く引き受けて下さりました。

オヤジ柄などと訳の分からないものをリクエストしてしまい「ひょっとして『M字ハゲオヤジ』の模様だったらどうしよう〜」などと要らぬ心配をしていたのですが、全くの杞憂に終わりました。


裏と表で合わせ柄になっている所がおしゃれです!
さっそく浅田先生の文庫本にカバーをつけさせてもらいました。

出張の時は必ず文庫本を持ち歩く私ですが、旅の友が一つ増えました。
そして携帯用の「My箸」も


週に一度の楽しみ、日本食レストランでのランチの際には必ず持参したいと思います。
って、ドイツのある方角から石が投げられそうですが・・


ブックカバーとMy箸だけでもM字ハゲの私にとっては身に余る光栄、充分過ぎる程のプレゼントなのですが、優しいコメントが添えられた絵葉書と「あたり前田のクラッカー」のストラップもあります。

これはもう望外の喜び、感謝感激、例えて言うなら相武紗季ちゃんにファンレターを出したら肉筆のサインにキスマークのおまけがついて来た、ようなもので思わず天にも昇る気分で感涙に咽んでしまいましたが、更にはこんなものまで頂戴してしまいました。



目黒地蔵通り「御門屋」さんのあげまんじゅうあげおこわです。

ドイツでは絶対に味わえない「銘店」のお菓子、「感涙に咽んで」などと言った通り一遍の生易しい喜び方では不敬にあたると言うもの。ここは「随喜の涙を迸らせて欣喜雀躍」しつつ、右手に「あげまんじゅう」左手に「あげおこわ」を捧げ持ち、椿家の方角に向かって清朝の宦官のように三跪九叩頭の礼をさせて頂きました。

で、このお菓子をじっくりと味わって頂こうと思ったのですが、なんと我が家の「中途半端なロンゲ」の長男と「色白の卓球少年」の次男が餌に群がるハイエナの如く、あっという間に平らげてしまいましたとさ・・・トホホ。

心優しい椿さん、本当にありがとうございました!

2008.05.06 Tuesday 02:55

束の間の休日

大型連休も最終日になってしまいましたね。
皆さんは、どんな休日を過ごされましたか?

実は私、2日から今日まで、束の間の休日を日本で過しておりました。
本当はもう少し長く滞在したかったのですが、仕事のやりくりが中々つかずチケットを購入したのが帰国の前日でした。
結果的に高いチケットを買うハメになってしまいましたが、帰心矢の如し、着の身着のまま横浜の自宅に戻ってきました。

そんな訳でこれといった予定は何も無かったのですが、一つだけ親バカになれることがありました。

ウチの長男は「丸坊主の熱血高校球児」を卒業すると一転「カチューシャを頭につけたお気軽大学生」になってしまいましたが・・・
(acho☆クン、ガッカリしないでほしい!)
中学二年生の次男は炎天下ではなく、室内で汗をかいて頑張っています。

で、室内で汗をかいて頑張るモノといえば!

もちろんピンポン!ですね。

3日に横浜市の中学校卓球大会があり、長男の運転でミセスと三人で次男の試合の応援に行って来ました。



中学生がたくさんいますね〜(「あたり前田のクラッカー」ですが・・)

小さな体をした生徒達もいますが、それでも試合になるとなかなか見ごたえのあるスマッシュやラリーの応酬を見せてくれました。
ホント、皆んな想像以上に卓球が上手いのでビックリしました。



そしてウチの次男です。
6人1チームの団体戦のダブルスに出場しました。

なんでも左利きがダブルスでは有利であるとかないとか・・
(写真にはモザイク処理をしています)


愛ちゃんの「王子サーブ」ばりの「投げ上げサーブ」も披露してくれました。



この試合には勝ったのですが、結果はベスト16で残念ながらシード権のベスト8にはあと一歩でした。

それにしても年中日焼けしていた長男とは対照的に、親も羨む色白のお肌をしています!

それともう一つ、嬉しい事がありましたが時間がありませんので
ドイツに戻ってから記事にしたいと考えています・・


こんな時間にブログを書いているのは、時差ボケが直らないからです。
こうなったら時差ボケのままドイツに戻るつもりです・・トホホ。

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
amazon
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.